Top >  ボトックスとは >  ボトックスができるまで

スポンサードリンク

ボトックスができるまで

ボトックスは、有効なしわ取り治療として有名ですが、部分痩せなどの効果も注目されるように、さまざまな美容・健康効果があります。

ボトックスはもともと眼科や神経内科などで顔面チックや斜視、多汗症といった、筋肉活動が活発すぎることが原因で起きる疾患の治療に用いられてきた歴史があります。1970年代から利用されていたボトックスは、安全性も確立されて、1980年代から美容治療に応用されて人気を博し現在に至ります。当初はボトックス注入の料金も高額で、アメリカではセレブの間で人気のある治療方法だったということです。

ボトックスは2002年に眉間のしわ治療薬として米国FDAから認可を受け、眼瞼けいれんや、多汗症、脳性麻痺の歩行障害などの治療にも用いられて成果を上げています。ボトックスは、ボツリヌス菌A毒素を製剤化していますが、もとをただせば危険といわれる食中毒を引き起こすボツリヌス菌を原料にして生まれました。

しわ取り治療に用いられているプチ整形ではこのボトックス注射と、皮膚を内側から押し上げてシワを目立たなくするヒアルロン酸注射などがあります。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックス注射の後遺症とは  |  トップページ  |  次の記事 ボトックス治療を受ける前に  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2360

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト