Top >  ボトックスとは >  ボトックスと多汗症の種類

スポンサードリンク

ボトックスと多汗症の種類

ボトックスのボツリヌス毒素は交感神経のアセチルコリンに有効に働く特性があるため、アポクリン汗が多く分泌されるわきが型多汗症にはボトックス注射は効果がなく、エクリン腺から汗がでる精神性発汗型や混合型には効果が期待できるということです。わきが型多汗症と精神性発汗型の多汗症のまざった混合型多汗症の場合は効果が半分といわれています。

経験者の話でもボトックス注射を受けて多汗症の改善具合にばらつきがあるのはこういった理由なのです。多汗症のタイプによって効果が大きく左右されるのですね。

自分の多汗症がどのタイプを調べてみるとボトックス注射を受けても効果がでるかわかります。

また、脇の下にするボトックス注射の副作用には、腕や脇のしびれ、腫れ、内出血、鈍痛などがありますが、どれも一時的なものだということです。ボトックス注射を受ける前に後遺症や失敗例の体験談などをサイトなどで読んでおくと安心です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックス注射による多汗症治療  |  トップページ  |  次の記事 ボトックスの副作用は少ないというけれど?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2377

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト