Top >  ボトックス治療 >  ボトックスと多汗症治療

スポンサードリンク

ボトックスと多汗症治療

多汗症の治療のためにボトックスを脇の下の皮下に注入する療法もあります。多汗症は脇や手のひら、足の裏などに大量の汗をかいてしまう症状です。多汗症のために汗染み、匂いなどに悩まされている人も多いと言われています。

ボトックス治療はワキガ型多汗にはあまり効果がありませんが、精神性発汗型には効果があります。

またボトックスを注射してからの効果の持続期間は3〜4カ月間ほどといわれ、中にはもっと長く効果が続くケースもありますが、効果を持続させるには再度の注入が必要になります。

ボトックス注射を受けると汗をかかなくなるという安心感も症状の改善に効果があるともいわれています。心配など精神的なストレスも汗をかく原因となりますので、ボトックスをしたから汗はかかないですむと思うだけでも効果があるということです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 塗るボトックス・アルジルリンの安全性  |  トップページ  |  次の記事 ふくらはぎボトックスは効果的?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/902

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト