Top >  ボトックス注射注入 >  ボトックス注射の後遺症とは

スポンサードリンク

ボトックス注射の後遺症とは

ボトックス注射は安全な治療法として世界中で使用されています。ボトックス注射では副作用は稀といわれていますが、中には後遺症が残る危険性もゼロではありません。

ボトックス注射の副作用はほとんど見られませんが、中には赤み、腫れ、ひきつれ感などが現れるケースもあるようです。通常それらの症状は数日の内に引くので心配はいりません。ただ稀にボトックスの効果が切れるまで、3ヶ月から半年の間、ひきつれなどの症状が残ったままの場合もあり、こうした後遺症のほとんどが医師のミスということです。

ネットでも体験者のブログ野菜となどが公開されているので参考に見てみることをおすすめします。ボトックスの注入量や注入の仕方などは熟練が必要な技術なので、医師選びは慎重にしたいものです。比較的安全な部類に入るボトックス注入ではありますが、後遺症が残ってしまってからでは遅いので気をつけましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ふくらはぎボトックスは効果的?  |  トップページ  |  次の記事 ボトックスができるまで  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2359

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト