Top >  ボトックス注射注入 >  ボトックス注射を受けられないのは?

スポンサードリンク

ボトックス注射を受けられないのは?

ボトックス注射は妊娠中や授乳中の女性、製剤中の成分にアレルギーを持つ人、弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の人などは受けることはできません。

手軽にしわ取りや部分痩せができるボトックス注射ではありますが、効果が永遠に続かないというデメリットもあります。ボトックス効果を持続させたい場合は、定期的にボトックス注射を打たなくてはなりません。気に入らなければ自然に元に戻るというわけでもありますが。。。

ボトックス注射でボトックスを注入して3ヶ月程すると、神経の末端から新しい運動神経の側副枝というものが伸びて再びアセチルコリンの放出を始めます。そのためボトックスの効果を持続させたい場合には、効果の切れるたびに、年に2〜6回程度ボトックス注入を続けることが必要です。

またボトックスの注入量が多すぎると表情筋の動きを抑制しすぎて、表情筋が全く動かせなくなり表情がなくなることもあるので熟練した医師選びは必須です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックスの働きのメカニズム  |  トップページ  |  次の記事 ボトックス注射の副作用の症状とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2369

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト