Top >  ボトックス注射注入 >  ボトックス注射の副作用の症状とは?

スポンサードリンク

ボトックス注射の副作用の症状とは?

ボトックスには重篤な副作用はありませんが、おでこや眉間のしわ治療のボトックス注入後に軽い眼瞼下垂、まぶたが重く感じるなどの症状が出ることがあります。

こういった症状は実はボトックスの副作用というよりも、ボトックス本来の働きともいうべきもので、大体一週間くらいで違和感も消えるので心配は無用といわれています。

頭痛やまぶたの垂れ下がり、顔の表情が出にくくなったように感じることもありますが、このように違和感を感じることはボトックスの注入量や部位によって起こることがあります。

またこの他にはボトックス注射の針を刺した部分に内出血を起こすこともあります。ボトックス注入を受けた後は半年程度は妊娠を避けた方が安心とも言われています。

ボトックス製剤中の成分にアレルギーを持つ方や、筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方もボトックスは筋肉に働くので避けたほうが無難です。

ボトックス注入をした後に、長時間の入浴やサウナ、飲酒、マッサージ等は注射部位の内出や腫れ、赤みなどが増すことがあるので避けましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックス注射を受けられないのは?  |  トップページ  |  次の記事 ボトックス注射を受けたら注意すること  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2370

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト