Top >  ボトックス注射注入 >  ボトックス注射を受けたら注意すること

スポンサードリンク

ボトックス注射を受けたら注意すること

ボトックス注射の副作用とみなされている症状を避けるためには、ボトックス注射を受けた日は洗顔や洗髪以外に長湯をすることは避けましょう。

ボトックス注射を顔に受けた後に表情が出にくくなることがありますが、ボトックスの筋肉への抑制効果の働きによって出る症状なので、表情筋が思うように動かせなくなるため表情が乏しくなってしまいます。こうしたボトックスの副作用は2週間程度でほぼ改善しますので心配はいらないといえます。

ボトックスの効果の持続は5〜6ヶ月ですが、最大の効果が現れるのは2〜4ヶ月といわれています。ボトックスの副作用として局所顔面神経麻痺が起こることもありますが、これはボトックス副作用というよりボトックスの主作用ともいうべきものなので気にする必要はないそうです。

また、眼瞼下垂という瞼が垂れ下がる症状は、顔面神経麻酔の局所症状のひとつでもあります。ボトックスは筋肉の動きを抑制するため、顔に注射をしたあとにぎこちなく感じることがありますが、しばらくすると消える症状だそうです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックス注射の副作用の症状とは?  |  トップページ  |  次の記事 ボトックスの副作用は深刻?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2371

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト