Top >  ボトックス効果 >  ボトックスの副作用は少ないというけれど?

スポンサードリンク

ボトックスの副作用は少ないというけれど?

ボトックスの副作用には重篤なものはありませんが、ボトックスの注入部位にもよりますが、つばを飲み込むのが困難になったり、頸部筋脱力感、まぶたの下垂、一時的な顔面麻痺、ボトックス注射部位の皮下血腫(腫れ・疼痛・打撲のようなしこり・紅斑)、注入部位に違和感や疼痛を感じる、倦怠感、吐き気、インフルエンザ症候群、アナフィラキシー様症状、頭が重い、頭痛などが起こることがあります。

また顔の目の周りにボトックス注射をした場合には目が赤くなったり目を閉じるのが困難になる症状、なみだ目、目の乾燥などがあります。

かなり稀ではありますが、ボトックス自体の副作用ではないのですが、ボトックス注射を打つ際の麻酔のアレルギー反応やショック症状、ボトックス注入時の感染症、急激な血圧の低下などがあります。

ボトックス注射は比較的副作用も無く、安全な治療法と言われて世界中で行われています。ただゼロではない副作用の危険性を忘れずに、ボトックス注射を受ける前や後は医師の指示に従いましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 ボトックスと多汗症の種類  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2378

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「ボトックス効果を探る〜ボトックス注射治療から塗るボトックスまで」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト